お互いの割り切った関係

セフレとの関わり方について、ひとつ頭に入れておかなければならないことがあります。
それは、まずセフレとはプライベートでの関係をしてはならないということです。
セフレという関係は、あくまでお互いに割り切ってセックスだけをするというものですから、そこにお互いが恋愛感情のようなものを持ってはならないという条件があるのです。

セフレという関係は、あまり人に自慢できるようなものではないですよね。
だからこそ、普段にあまり関わりすぎることによって、その人の周囲の人にセフレの関係が発覚してしまうこともあるのです。
それを避けるために、セフレとは過剰なコミュニケーションを避けなければならないのですね。
相手と積極的に言葉を交わすのは、セックスをしている最中以外では控えめにしておきましょう。

どこが不思議な距離感ですが、セフレとはそういった気遣いも必要になるのですね。
セフレが求めているのはセックスなのですから、それ以外のものでセフレと関わるのは避けましょう。
例えば、セックスをするときでないときなどは、メールもしないほうが無難かもしれません。
エッチできるという単純な関係だからこそ、その距離感には難しいものがあるのですね。
その距離感を覚えてさえおけば、セフレとの関係もさらに長続きさせることができるでしょう。

セフレという言葉を聞くと、嫌悪感を抱かれる方も多いようですね。相手からモテ遊ばされているとか、体だけの奉仕とか、そういうイメージを抱いているのでしょう。
しかし、実はそういったイメージは全て誤解なのです。

私も、以前は職場の上司とセフレとしてお付き合いしたことがあります。職場で接している内に、私のほうが恋をしてしまったのですが、恋人までは無理ということでしたので、セフレにしてもらったのです。
こうして、上司とセフレとして付き合っていく内に、色々なことを教えてもらうことが出来ました。セックスのこと、デートのコツ、レストランでのマナー、様々なことを知ることが出来ました。
いつかは恋人に昇格してもらいたいという思いでいましたが、セフレとして付き合っているだけでも、多くの経験が出来て満足しました。

現在はセフレ関係も終わり、男女としての付き合いも終わってしまいました。
しかし、彼との付き合いで得た経験によって、今では誰とお付き合いしても問題ないレベルの知識やマナーを身につけています。
セフレと言っても、セックスだけでなく、多くの得られるものがあるはずです。
もし、恋人は無理でもセフレならOKという男性がいて、その方が自分にとって価値のある相手だと思うのであれば、セフレになってみるのも良いのではないでしょうか。

私としては、普通に男性と付き合っているよりも、セックスフレンドのほうがよっぽど楽だと思うようになってしまいました。
恋人同士のように、相手のために何かをするということではなく、自分が寂しいと思ったときにその気持ちを埋めるような関係が、私にとっては合っているのでしょう。

彼氏との関係を続けるためには、何かとしなければならないことも多いですよね。その点、セックスフレンドであればただエッチしているだけでその関係を維持することができるのですから、かなり楽なのです。

恋人同士とは異なり、相手がセックスをしたいと思ったときにはセックスをして、同じように自分がしたいと思ったときでも相手を呼び出すことができる。無理に心を通わせようとしなくても、セックスフレンドということであればまったく問題はないのです。

そして、その関係に何か無理があると思ったとしたら、相手のことを切り捨てることも簡単ですし、何かと身軽なのがセックスフレンドの最大の特徴だといえるでしょう。
セフレは、女性が男性にいいように使われると思われているかもしれませんが、女性の中にはその関係が心地よいと感じることもあるでしょう。

ただセックスをしたいための関係を維持したいという思いも、女性としては自然に持つことがある気持ちなのかもしれませんね。